コロナのワクチン開発、報酬1000万ペソ

フィリピン政府は21日、新型コロナウイルスのワクチンを開発した国民に対し、1,000万ペソ(約2,100万円)の報酬を渡すと明らかにした。世界中でワクチン開発が進む中、国内でも研究に力を入れたい考えだ。 ロケ大統領府報道官は「新型コロナは人類共通の敵だ」と述べ、世界的な感…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 医療・医薬品


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:外出・移動制限措置の長…(04/14)

自動車業界に「三重苦」 コロナで工場停止、輸入車に課税(04/14)

新型コロナ、新たに8571人感染(04/14)

ドコモとスマート、5G国際ローミング開始(04/14)

3月新車販売88%増、前年の反動(04/14)

大統領「病気ではない」、健康問題払しょく(04/14)

中国製ワクチン、比は今後も使用継続(04/14)

マカティ市、ワクチン接種会場5カ所増設(04/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン