• 印刷する

バイタリフィ、顔認証ソフト開発キット投入

ベトナムでのオフショア開発などを手掛けるバイタリフィ(東京都渋谷区)は21日、ベトナム法人とともに、人工知能(AI)を用いて画像から顔認証ができるソフトウエア開発キット(SDK)「MAL Face Recognition(マル・フェース・リコグニション)」の提供を開始したと発表した。

同SDKは、あらかじめ登録済みの顔データを基に、入力された顔画像をリアルタイムで照合・判別できるAIモデルだ。顔認証の精度は、社内テストで94%だった。スマートフォンやタブレット端末上で、外部通信せずに高速で動作する。職場の出退勤や住居・オフィスの出退室の管理、チケットの転売防止などに活用できる。料金は月額300米ドル(約3万2,000円)、最低契約期間は半年間。

現地法人バイタリフィ・アジア(ホーチミン市)は、同SDKを組み込んだアプリ「MAL Time Recorder(マル・タイム・レコーダー)」を米アップルの「Appストア」で公開している。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

ヤンマー、農機で質底上げを 持続可能な農業へ日系の挑戦(上)(10/22)

ハノイ都市鉄道5号線、国がプレFS審査へ(10/22)

東南ア6カ国の訪日客、9月も9割超減少(10/22)

ハノイ都市鉄道3号線、最初の車両が到着(10/22)

日系航空2社、越から日本行きを増便(10/22)

神基科技、受注見通し良好で4Q業績楽観(10/22)

鉄鋼ホアセン、ホームセンター展開に注力(10/22)

カナダ、ベトナム耐食鋼のAD税率引き下げ(10/22)

ブンアン発電所、斗山重業が参画を正式発表(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン