決算開示にコロナの影、不正憂慮の声も

【共同】新型コロナウイルスの感染拡大は、企業の決算や監査業務にも影響を与えている。3月期決算を採用する上場企業は全体の6割以上を占め、作業のピークと重なった形だ。決算開示の延期を容認する動きが広がりつつあるものの、企業の良しあしを判断する重要情報が適切に開示さ…

関連国・地域: インド日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

【ASEAN戦略】ニューノーマルの需要に焦点 オカムラ、在宅勤務や職場設備で(18:53)

興和、マレーシアで緑内障治療剤の承認取得(18:44)

長谷工、地場同業を持ち分化 「品質に焦点」ベトナム事業加速(07/13)

テイクオフ:ここ数年、車載電池大手…(07/13)

日系車販売、6月は1万台超 ローン環境改善で今後の伸び期待(07/13)

【書籍ランキング】6月25日~7月1日(07/13)

トヨタ、5カ月ぶりに全世界生産再開へ(07/13)

ホンダ四輪、6月小売りは前月比93%増(07/13)

ホンダ車販売のオートコープ、子会社設立(07/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン