• 印刷する

テイクオフ:支給されるのか、されな…

支給されるのか、されないのか。政府が始めた現金給付が大きな論争を巻き起こしている。当初は低所得層のみだったが、中間所得層を含めることを検討し始めたためだ。

中間層は最も税金を払っている層でもある。これらの人たちはインターネットも駆使し、声を大にして「低所得層は税金を払っていない」「中間層を支援するべきだ」と訴える。その影で、低所得層への現金給付すらまだ行き渡っていない現状がある。

教育などの機会に恵まれず、社会参画も限られるのが低所得層。税金を払っていないといわれても仕方がない。家族約10人の食費が1日当たり数百円程度の世帯もあるとされる。外出制限による閉塞感で国民感情がギスギスしているようにも見受けられるが、「支援」はそれを最も必要としている人たちにまず届けなくては意味がない。(D)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染新たに1531人、累計4万336人(07/03)

比商議所、ビジネス目的の往来再開を要請(07/03)

下期景気、4割が上向き予想 日系企業、制限緩和で底打ち期待(07/03)

MRT3号線、改修作業の90人コロナ陽性(07/03)

コロナ感染新たに294人、累計3万8805人(07/03)

旧式ジプニー6千台、3日から運行再開(07/03)

首都圏などの制限緩和を要請、経済区庁(07/03)

マニラ空港、渡航制限で経営難も=上院議員(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン