北京の消費者信頼指数、1Qは0.6P下落

北京市統計局は10日、今年第1四半期(1~3月)の同市消費者の経済情勢全般に対する信頼感を示す「消費者信心指数」が、前四半期比0.6ポイント下落の118.7ポイントだったと発表した。 指数は0~200で表し、基準値の100を超えると消費者が楽観視していることを示す。 現在の経…

関連国・地域: 中国-北京
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ここ数年、車載電池大手…(07/13)

マカオ、香港との「健康コード」先送りも(07/13)

6月の新車販売11.6%増 過去最高、回復の勢い鮮明(07/13)

TSMCの6月売上高、過去最高を更新(07/13)

エクアドルの輸入エビ、コロナ検査で陽性(07/13)

タタ自の世界販売、4~6月は64%減(07/13)

北方での洪水にも警戒、国務院の常務会議(07/13)

ラーガン、3Qは「大半の顧客が発注減」(07/13)

米、対中第2段階「ない」=貿易協議(07/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン