• 印刷する

労働集約型や医療分野、投資認可を加速へ

ミャンマー投資委員会(MIC)は、労働集約型産業や医療機器、インフラ分野の投資認可を加速する意向だ。新型コロナウイルスの感染拡大防止と、失業者の就業支援につなげるため。ミャンマー・タイムズ(電子版)が11日伝えた。

MICの事務局である投資企業管理局(DICA)のタン・シン・ルウィン事務局長が、明らかにした。ミャンマー国内では、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で製造業や観光業が打撃を受け、失業者が増加している。

タン・シン・ルウィン事務局長はまた、感染予防のためのマスク製造や医療サービスについても、認可手続きを早める考えを示した。

「新型コロナウイルスの外国投資への影響を持続的に注視し、雇用創出効果がより高く、感染防止にも貢献する投資家(への認可)を優先していく」と述べた。

MICによると、3月の海外直接投資(FDI)認可額は、ティラワ経済特区(SEZ)を含め1億235万米ドル(約111億4,500万円)。単月としては、2019年1月以降で最低の水準にとどまった。

ただ、タン・シン・ルウィン事務局長は、現時点では新型コロナウイルスの影響を理由にした投資の中止はないと説明。世界的なサプライチェーン(調達・供給網)の断裂による原材料の輸入難で、操業停止する工場が多い縫製分野でも、新たな申請があるという。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 医療・医薬品繊維観光マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

新たな感染者3人確認、累計321人=10日朝(07/11)

5月インフレが4%台に低下 食品価格が前月割れ(07/10)

19年インフレ率、企業4割の昇給率上回る(07/10)

韓国のNH農協銀、ヤンゴンに駐在員事務所(07/10)

国営鉄鋼所の再稼働、タイなど5社が名乗り(07/10)

スー・チー氏、ILOバーチャル会議で講演(07/10)

新たな感染者2人確認、累計318人=9日朝(07/10)

マンダレーのマハムニパゴダ、再開準備整う(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン