外国人労働者の宿舎、軍投入で感染対策強化

シンガポール政府は9日夜、外国人労働者が住む宿泊施設の新型コロナウイルス感染対策を強化すると発表した。入居者の感染が急増しているためで、軍や警察を投入して施設の運営に介入。全43施設に医療拠点も置き、積極的に感染検査を実施していく。 保健省によると、9日正午時点…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

早期の総選挙実施、副首相が支持(17:07)

NEC、コロナ対策の体温測定システム販売(17:05)

外国人単純労働者の削減、経済団体が反対(16:29)

国立大、環境債で3億Sドル調達(16:28)

テイクオフ:当地では約2カ月に及ぶ…(05/28)

「コリビング」住宅の需要堅調 コロナ後も在宅勤務で市場拡大へ(05/28)

サービス業売上高1%下落、コロナで娯楽悪化(05/28)

通年の輸出額、最大4%減少=企業庁予測(05/28)

積立基金の負担率引き上げ、1年延期へ(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン