ロシア国境に野戦病院を建設 輸入感染が急増、陸路国境は閉鎖

ロシアとの国境に位置する黒竜江省綏芬河市で、「方艙医院」と呼ばれる野戦病院方式の臨時医療施設の建設が始まった。ロシアから同市を経由して帰国する中国人に、新型コロナウイルス感染症(COVID19)の感染者が急増しているため。中国とロシアの陸路国境は8日までに閉鎖さ…

関連国・地域: 中国-全国ロシア
関連業種: 医療・医薬品運輸マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:外地から来て上海で働く…(04/13)

3月の完成車輸入、2年5カ月ぶり高水準(04/13)

中小企業の景況感が改善 21年1Q指数、コロナ禍後で最高(04/13)

TSMC、一部中国企業への製品供給停止(04/13)

ワクチン接種で飲食規制緩和、行政長官表明(04/13)

住宅投機を抑制、広州や合肥など5市に指導(04/13)

25年前後に高所得国へ、著名学者の林毅夫氏(04/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン