• 印刷する

韓国経済研究院、20年成長率マイナス予測

韓国シンクタンクの韓国経済研究院は8日、新型コロナウイルスの世界的流行で2020年の韓国の国内総生産(GDP)伸び率が前年比マイナス2.3%になるとの予想を示した。マイナス成長となれば、アジア通貨危機が発生した1998年以来となる。

韓国のシンクタンクでマイナス成長を予測したのは韓国経済研究院が初めて。昨年10~12月期に見通した1.9%から4.2ポイント引き下げた。

民間消費はマイナス3.7%と予想。企業の業績不振で賃金上昇率が鈍化し、株式や不動産などの資産価格の下落が響くとした。

輸出は世界的に経済活動が停滞してマイナス2.2%、投資もマイナス18.7%と昨年のマイナス8.1%から大幅に落ち込むという。

韓国経済研究院は「経済政策は一時的な財政出動よりも、下半期以降の景気低迷を見越して、財政余力を保ちながら持続的に対策を打ち出す必要がある」と指摘した。


関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ対応で利下げ、過去最低の0.5%に(15:53)

新型コロナ感染者、79人増の1万1344人(15:43)

現代自とソニー提携、映画で技術アピール(16:11)

現代・起亜の新EV、LG化学も電池供給か(16:11)

現代自とGS、ソウル江東に水素充塡所開設(16:11)

テイクオフ:バスに乗ってマスクの着…(05/28)

日系半導体部材が現地生産へ 韓国国産化に対応、業界新常態に(05/28)

新型コロナ感染者、40人増の1万1265人(05/28)

小中学校の登校再開、90日遅れの新学期(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン