日系企業に操業停止の動き 車部品需要が減、原料供給も不安

世界的な新型コロナウイルスの感染拡大を受け、カンボジアに進出する日系メーカーの間で工場の操業を一時停止する動きが出始めている。隣国タイでの自動車メーカー各社の相次ぐ生産停止による関連部品の需要減や、海外からの不安定な原材料供給の影響を受けているためだ。現時点で…

関連国・地域: タイカンボジア日本
関連業種: 自動車・二輪車電機医療・医薬品繊維その他製造マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

国内初の高速道路、22年9月に完工見通し(06/23)

シエムレアプ、入境者の事前登録サイト始動(06/23)

国内初の金生産、モンドルキリで開始(06/23)

娯楽施設など閉鎖継続、首相は自主隔離(06/22)

ワクチン500万回分、月末~来月に到着予定(06/22)

【日本の税務】海外赴任時の「納税管理人の届出書」(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン