サイバー犯罪、活動制限令中に増加

マレーシアで新型コロナウイルスの感染封じ込めの活動制限令が実施されてから、インターネットを利用した恐喝や詐欺といった犯罪が増えている。多くの国民が自宅に閉じこもり、被害に遭いやすい環境になっているという。マレーシアン・リザーブが伝えた。 科学技術省傘下のサイバ…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 医療・医薬品IT・通信社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

エアアジア継続に「黄信号」 監査が注記、同社は業績回復強調(07/10)

ダイキン、空気清浄機を年内に現地生産へ(07/10)

RM1=25.2円、$1=4.26RM(9日)(07/10)

融資返済猶予適用、6日時点で514億リンギ(07/10)

現代トランシス、マレーシア系企業と合弁(07/10)

外国人採用前に地元で求人を、人的資源相(07/10)

SOCSO、3千万リンギを不正給付か(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン