ゲンティン、各国カジノ閉鎖で経営に打撃

マレーシアのコングロマリット(複合企業)ゲンティン・グループの業績が、各国政府が打ち出したカジノなどの娯楽施設を封鎖する政策などにより、大きな影響を受ける可能性が出てきた。同社売上高の約8割は、カジノを含む娯楽・サービス関連事業で占められている。エッジなどが伝…

関連国・地域: マレーシアシンガポール
関連業種: 医療・医薬品観光メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

アクシアタ、5G調達先に華為含む2社検討(17:00)

NEC、コロナ対策の体温測定システム販売(20:03)

テイクオフ:クレジットカードがなく…(05/28)

コロナ禍で即席麺の販売好調 巣ごもり消費、今後も伸びしろ(05/28)

日本から駐在員など400人足止め、制限令で(05/28)

RM1=24.7円、$1=4.35RM(27日)(05/28)

サイムダービー、中華圏で自動車事業拡大へ(05/28)

消費支出の伸び鈍化、低所得層の収入減で(05/28)

外国人の感染防止徹底、不法就労は強制送還(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン