• 印刷する

テイクオフ:貴州で働く友人から、指…

貴州で働く友人から、指定ホテルでの隔離生活が終了したという連絡が来た。貴州らしいのどかな14日間だったと言っていた。

友人によると、食事は朝がライスヌードル。昼と夜が白米と野菜炒めのお弁当。窓の外からは火鍋の匂いが漂ってくるそうで、その匂いを嗅ぎながら食事していたという。部屋の出入りはある程度自由で、ホテルを出てコンビニにも行ける。フロントで検温すれば外部の人を部屋に招待することもできる。勤め先の会社から高級茅台酒の差し入れがあり、ピスタチオを酒のつまみに14日間過ごしたそうだ。

ただし、前提はホテル到着時に受ける新型コロナ検査で陰性であること。陰性なら問題はないというのならば、そもそも隔離の意味はあるのか。貴州の累計感染者は1日時点で146人と上海などと比べると多くはないが、少しのどか過ぎるような。(東)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

経済斜陽化論の火消しに躍起 政府、安全法は「投資環境強化」(05/26)

テイクオフ:動画アプリを見ていたら…(05/26)

20年の製造業生産額5%減へ コロナ足かせ、米中摩擦も不安視(05/26)

小康・5カ年計画は達成可能 発改委、コロナ禍でも発展に自信(05/26)

中国系の太陽光発電事業を認可、出力60MW(05/26)

【日本の税務】消費税の免税について(05/26)

人民元基準値、12年ぶり安値(05/26)

鴻海、非米国製半導体設備の商機捕捉へ(05/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン