• 印刷する

いすゞ、4月13~30日まで生産停止

いすゞ自動車のタイ販売会社トリペッチいすゞセールス(TIS)は1日、いすゞのタイ法人、泰国いすゞ自動車が、4月13~30日まで国内2工場で生産を停止すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、世界中で部品の供給が不足していることに加え、国内外で自動車の需要が縮小していることが理由。

バンコク東郊サムットプラカン県プラプラデーンと東部チャチュンサオ県のゲートウエー工業団地の2工場で生産を一時停止する。いすゞの広報担当者によると、2工場の年産能力は計36万6,000台。従業員数は計5,669人で、「生産停止期間は原則として有給の自宅待機とし、間接部門は在宅勤務も可としている」(同担当者)。

同社はタイで1トンピックアップトラック「D―MAX」やスポーツタイプ多目的車(SUV)「MU―X」などを生産し、タイ国内で販売するほか、世界100カ国・地域に輸出している。チャチュンサオ工場では、タイ国内向けに商用車も生産している。タイでの生産実績は2017年が25万4,000台、18年が26万台。

いすゞのタイにおける19年の販売台数は前年比5.4%減の16万8,215台。市場シェアは16.7%で、トヨタ自動車に次いだ。20年2月の販売台数は前年同月比2.1%減の1万4,484台。1~2月は前年同期比4.6%増の2万8,769台だった。

タイではこれまでに、ホンダ、マツダ、米フォード・モーターが生産を一時停止。トヨタも4月7~17日まで生産を停止すると発表している。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タイでは新型コロナウイ…(05/28)

車部品14社、1Qは16%減益 コロナの影響出始め半数以上悪化(05/28)

ファストオートショー、10月末に開催延期(05/28)

新規感染者9人、全員が海外帰国者(27日)(05/28)

タイ航空の更正手続き、破産裁判所が受理(05/28)

建設CNT、民間不振で公共工事受注に注力(05/28)

国営石油PTT、設備投資を最大15%削減(05/28)

ゴム手袋STGT、7月に上場で生産拡大へ(05/28)

商業施設メガバンナー、集客8割まで回復(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン