アジアがマイナス成長も、コロナ直撃=世銀

世界銀行は3月30日、新型コロナウイルス感染症による景気悪化の悲観的シナリオとして、今年の東アジア・太平洋地域(EAP)新興国の国内総生産(GDP)成長率がマイナス0.5%になる可能性があるとの見通しを示した。中国は44年ぶりの低成長となり、他国も打撃を受ける。感染症…

関連国・地域: 中国タイベトナムミャンマーカンボジアラオスマレーシアシンガポールインドネシアフィリピンパプアニューギニアその他大洋州東ティモールアジア東アジアASEAN米国
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

特別入国の68邦人の隔離終了 ビジネス渡航難航、先行き見えず(05/25)

運輸倉庫ビナトランコ、UPCoMに登録(05/25)

運送業者の道路維持費を減免、当局が提案(05/25)

タインホアの空港、30年に搭乗5百万人へ(05/25)

国際線の再開計画、6月10日までに首相提出(05/25)

倉庫などの需要が増加、ECの利用拡大で(05/25)

韓国建設企業、越の技術移転センターと覚書(05/25)

ノルウェーの塗装大手、ナムロン投資と提携(05/25)

ハノイ、バディン区の地下駐車場計画に追加(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン