• 印刷する

テイクオフ:就労ビザ更新のため、入…

就労ビザ更新のため、入国管理局に赴いた。新型コロナウイルス騒動で長蛇の列と長い待ち時間を覚悟していたが、あにはからんや30分もかからず終えることができた。一つは当局がインターネットを通じた申請を呼び掛けていることが奏功したように思える。

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、バンコクでも社員を出社させず、テレワークを導入した企業は多い。それを支えるのは携帯電話の普及と大容量のインターネット通信網だ。仮に現代にそうしたインフラがなく、人の移動を抑制できない環境であったなら、感染者と死者の数は今よりさらに深刻なものになっていたと想像する。

天然痘、ペスト、新型インフルエンザ、そして新型コロナ。人類の歴史は感染症との闘いの歴史と評する人もいる。新たな脅威に対応するためにも、社会の絶えざる進化が必要なのだと実感する。(須)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ジャパン・エキスポ、今年はバーチャル開催(20:11)

新規感染者1人、死者1人を確認(2日)(06/03)

逆境下で海外流通大手が奮闘 タイ大手は最大都市に大型店(06/03)

コロナ禍、再エネ開発に試練 消費減と油価下落で構造改革論も(06/03)

【グラフでみるASEAN】輸出額(3月) 明暗分かれる、フィリピンは25%減(06/03)

テイクオフ:取材で商業施設の営業再…(06/02)

電子部品1Q決算、2.6%減益 コロナ影響もバーツ安で耐える(06/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン