• 印刷する

情報省、BPO産業に事業継続の指針

フィリピン情報通信技術省は、情報通信技術(ICT)・ビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)企業が事業を継続するに当たってのガイドラインを公表した。原則として従業員の在宅勤務を義務付ける一方、最小限の人員による事業所での勤務も条件付きで認める。

ガイドラインは、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、ルソン島全域などで外出制限が実施されている期間が対象となる。原則として「ICT・BPO企業は在宅勤務を実施しなければならない」とした上で、在宅勤務に必要な環境を整えるよう企業側に求めている。

事業所近くでの宿泊場所の確保やシャトルバスの運行を条件に、最小限の従業員が出社しての業務継続も認める。ただ感染の疑いや既往症、免疫疾患を持つなど重症化リスクの高い従業員の出社は禁じる。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 医療・医薬品IT・通信マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

首都圏と周辺州、30日まで外出制限延長(09:04)

テイクオフ:「登録した?もう打った…(06/15)

ヤクルト、南部に新工場 生産7割増、国内の販売拡大へ(06/15)

新型コロナ、新たに6426人感染(06/15)

5月の新車販売4.6倍、コロナ反動続く(06/15)

首都圏、15日から夜間外出制限を緩和(06/15)

州境の検問継続、外出制限緩和でも(06/15)

三輪タクシー運転手の接種会場、20日に開設(06/15)

フィリピン航空、月内に民事再生申請か(06/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン