• 印刷する

国境からの帰国者、4月15日まで入国停止

ミャンマー政府は、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、タイ国境でのミャンマー人の陸路入国を4月15日まで、いったん中止する方針だ。3月30日付で外務省が発表した。

ミャンマーでは、タイで失業した労働者3万人以上がこれまでに、東部カイン(旧カレン)州のミャワディなどの国境から陸路で帰国。入国者には14日間の隔離を義務付けているが、施設が足りないことなどから、徹底できていない。今回の受け入れ中止は、施設の数を増やし、帰国者の隔離順守が徹底できるまでの措置としており、16日以降は再び入国を認めるとしている。

31日正午までに国内で確認された新型コロナウイルス感染者14人のうち、タイから帰国した労働者は2人。ミン・トゥエ保健・スポーツ相は30日に出した声明で、国境からの大量の帰還者により「感染者が急激に増える恐れがある」と述べ、厳重な警戒を促している。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 医療・医薬品雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新たに1330人の感染確認=25日夜(11/26)

双日、農村デジタル化で調査 通信塔周辺で教育や医療など(11/26)

新たに1700人余の感染確認=24日夜(11/26)

車両登録と免許の期限切れ、道路局が容認(11/26)

レンタカーの米エイビス、事業拡大へ投資(11/26)

タイの貨物トラックの入国再開、ミャワディ(11/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン