• 印刷する

テイクオフ:ソーシャルディスタンス…

ソーシャルディスタンス(人と人との距離)という言葉が浸透してきた。新型コロナウイルスの感染対策の一環として、世界の多くの国が実施しており、シンガポールも例外ではない。当地では対人距離を1メートル以上保つことが求められている。

レストランでは、4人用であれば座席を2席に減らし、テーブル上の対角にテープでバツ印を貼って、対面や隣同士で座ることを禁止しているところが多い。スーパーなど小売店では、レジ前の足下に等間隔でテープを貼っているのは他国と同様の対応だ。驚いたのは自宅アパートのエレベーター。足下はテープで9マスに分けられ、うち真ん中と四隅を除く4マスがバツ印になっている。定員を5人に制限しているのだ。

今回の感染症の終息時期は見えていない。ソーシャルディスタンスは、どことなく寂しい気持ちにさせられるが、従うしかない。早く慣れることにしよう。(樹)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:一緒に暮らす義母が、毎…(06/15)

アジアの海洋保全促進へ ADBと中国処理大手が提携(06/15)

7~9月の企業景況感、2四半期連続プラス(06/15)

豪、日独シンガポールと水素産業協力を進展(06/15)

米シティ現法、中小企業向けサービスを終了(06/15)

飲食業の料理宅配支援策、1カ月延長(06/15)

鴻海、半導体シルテラに間接出資(06/15)

ゴルフ会員権価格、引き続き上昇(06/15)

EV充電設備チャージ+、現地企業と提携(06/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン