• 印刷する

活動制限令中の操業許可、27日時点で2732社

マレーシア貿易産業省(MITI)は27日、製造業による活動制限令中の操業許可証の申請を、同日正午時点で2,732社に承認したと明らかにした。申請件数は9,290社で、承認率は29.4%となっている。申請受付は24日に締め切った。

MITIによると、申請全体の30.1%に当たる2,794件は却下した。一方、1,885件(全体の20.3%)は保留、残る1,879件(20.2%)は審査中という。

MITIは声明で、操業許可証は4月14日までの活動制限令中、生活に不可欠な必需品の生産者に原則付与されなければならないと言及。必需品については、▽食品・飲料▽消毒剤などの家庭用品▽マスクなどの個人用保護具▽医薬品▽食品・飲料業界向け梱包材と印刷材料▽医療機器▽石油・ガス関連――を挙げた。

MITIはまた、却下した案件の多くは必需品リストに含まれていない業種であったり、書類の不備があったりしたと説明した。国家安全保障会議(NSC)が操業許可証の条件に挙げる「労働力の最大50%の削減」を満たしていない企業もあったという。

操業が認められた企業には、あらかじめMITIに提出した従業員リストのみ出勤させ、職場での衛生管理の徹底が求められる。MITIはマレーシア連邦警察(PDRM)と内務省に操業を許可した企業のリストを提出しており、「企業が規定の要件を順守しなかった場合、操業許可証を取り消す可能性がある」としている。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 食品・飲料医療・医薬品その他製造電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

コロナからの回復計画発表、総額350億リンギ(06/05)

4月輸出は24%減、制限令で 工場停止響き10年半ぶり落ち込み(06/05)

RM1=25.5円、$1=4.28RM(4日)(06/05)

日鉄エンジ、廃棄物発電に向けた調査を実施(06/05)

きょう経済回復計画発表か、政権手腕に注目(06/05)

(表)ASEANの日系自動車メーカー稼働状況(6月4日)(06/05)

1Q失業者は42%増、社会保障機構が報告書(06/05)

5人に1人が失業、ジョブストリート調査(06/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン