1~3月GDP、東南ア各国で急ブレーキ

新型コロナウイルス感染症の拡大による、東南アジア経済の冷え込みが数字に表れてきた。2020年第1四半期(1~3月)の実質国内総生産(GDP、推計値)成長率は、シンガポールが前年同期比マイナス2.2%、ベトナムが3.82%でいずれも過去10年で最低の水準に落ち込んだ。タイ中央…

関連国・地域: タイベトナムミャンマーマレーシアシンガポールインドネシア日本ASEAN
関連業種: 自動車・二輪車その他製造観光マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ジェトロが労務など無料相談、新型コロナで(05/22)

日系車部品、自社製フェースシールドを寄贈(05/21)

特別入国の68邦人の隔離終了 ビジネス渡航難航、先行き見えず(05/25)

4月車販売、65%減の3万台 内需回復には政府支援が不可欠に(05/25)

【書籍ランキング】5月7日~5月13日(05/25)

2020年4月のタイの新車販売台数(表)(05/25)

英、5G中国製品の活用撤回か(05/25)

インド追加利下げ4%、3月に続き(05/25)

NY自動車ショー中止、会場がコロナの臨時病院(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン