• 印刷する

テイクオフ:タイ最大のスラムを久し…

タイ最大のスラムを久しぶりに訪れると、子どもたちが元気に外ではしゃいでいた。マスクはしておらず、菓子をあげると、手を洗わずに食べ始めてしまった。よく見れば、保護者もマスクをしていない。スラムの外に出る時だけ、着用するのが基本らしい。

今にも倒れそうな家屋、散乱したゴミ、汚れた水場――。こうした環境に住む中で、住民に「衛生」という概念を理解してもらうことは難しい。支援団体がマスクを配って着用を促すが、それよりも住民は「今ほしいのはコメ、缶詰め、即席麺!」と笑う。衛生よりも、生きていくために必要な食料の確保が第一だ。

それでも、5歳未満の子供は新型コロナウイルスの感染リスクが高いとされ、感染すれば深刻な事態になりかねない。未来ある子どもたちの安全のためにも、こうした事態を機に、スラムでも衛生観念が普及してほしい。(志)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タイでは新型コロナウイ…(05/28)

車部品14社、1Qは16%減益 コロナの影響出始め半数以上悪化(05/28)

ファストオートショー、10月末に開催延期(05/28)

新規感染者9人、全員が海外帰国者(27日)(05/28)

タイ航空の更正手続き、破産裁判所が受理(05/28)

建設CNT、民間不振で公共工事受注に注力(05/28)

国営石油PTT、設備投資を最大15%削減(05/28)

ゴム手袋STGT、7月に上場で生産拡大へ(05/28)

商業施設メガバンナー、集客8割まで回復(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン