• 印刷する

タタが乗用車部門を分離、子会社化

インドの自動車大手タタ・モーターズは27日、電気自動車(EV)事業を含む乗用車事業を分離し、子会社化すると発表した。子会社への事業移管の完了は1年後を予定する。

取締役会が計画を承認した。乗用車事業を分離することで、乗用車と商用車の両事業を差別化、効率化する。

乗用車事業に関連する資産と特許、従業員は子会社に移行する。商用車と共通するサービスなどは引き続き、タタ・モーターズが担う。

EV事業を率いるシャイレシュ・チャンドラ氏が4月1日から、乗用車子会社の社長を務める。


関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドの感染拡大が止ま…(06/03)

ユニコーンが大量解雇 コロナ禍、最適化で成長見据える(06/03)

5月の乗用車販売、主要各社が出荷を再開(06/03)

5月の商用車販売、主要3社が7割超の減少(06/03)

英高級二輪トライアンフ、認定中古車販売へ(06/03)

新たな感染確認なし、累計228人=2日朝(06/03)

JKタイヤの米販売店が営業開始、販拡狙う(06/03)

ムーディーズ、インドの格付けを引き下げ(06/03)

インド企業の価値、コロナで250億ドル減少(06/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン