• 印刷する

テイクオフ:学齢期の子どもを帯同し…

学齢期の子どもを帯同し、アジアの2カ国で勤務して3年がたった。戸惑うことも多かったが、いつしか子どもは学校になじみ、友達もたくさんできた。

親としてこの3年間を振り返ると、大変だったのはやはり毎日のお弁当作り。現地で調達できる材料で栄養バランスの取れた献立を、しかも日替わりで準備するのは意外と難しい。その上同時進行で、朝食を作り、子どもを起こして食べさせ、6時台に出発するスクールバスに乗せなければならない。「母親だったらそれくらい簡単だろう」と考える男性も多いと思うが、朝の台所では毎日ハードなマルチタスクが実行されているのだ。

人工知能(AI)やテレワークの導入が進んでも、意外と減らないのがこうした細かな家事。在宅勤務で家にいる時間が増えているこの時期、ぜひ家庭の仕事にも目を向け、再評価をしてみてはいかがだろうか。(史)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【ウィズコロナ】デジタル化・現地化を促進 東南アジア日系企業の変革(上)(10:58)

西ジャワ首都圏、7月2日までPSBB延長(06/05)

首都の社会制限は段階的緩和 6月は移行期間、出勤は8日から(06/05)

バンテン州、州内2県1市の出入りを許可制に(06/05)

労働者に住宅購入基金への加入を義務付け(06/05)

(表)ASEANの日系自動車メーカー稼働状況(6月4日)(06/05)

コロナ復興予算、677兆ルピア規模(06/05)

中銀、銀行の準備預金に1.5%の利子適用(06/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン