19年の知財出願4.7万件、過去最高を更新

フィリピン知的財産局(IPOPHL)は25日、2019年の知的財産権の出願件数が前年比10%増の4万7,282件となり、過去最高を更新したと明らかにした。商標権が3万9,399件と大半を占めた。26日付ビジネスワールドが伝えた。 産業別では農産物、サービス、医薬品、健康、化粧品、…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

変異ウイルスの感染拡大、計95人に(11:57)

テイクオフ:毎年3月といえば、4月…(03/02)

コロナのワクチン接種開始 医療従事者ら、年内5000万人目標(03/02)

コロナ感染新たに2037人、計57万8381人(03/02)

映画館などの営業再開容認、5日から(03/02)

トヨタといすゞ、輸入制限車種に預託金(03/02)

公共事業省、インフラ整備に1千人雇用(03/02)

グリーナジー、民放大手の金融部門買収(03/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン