• 印刷する

《日系進出》新興IT開発が拠点、150人体制へ

新興のシステム開発会社コントロールグループ(東京都港区)は25日、ベトナム・ハノイに設置したソフトウエア開発拠点を4月7日に本格稼働させると発表した。2022年にITエンジニア150人体制とする。

同社は19年1月の設立。同年3月に、ハノイ市カウザイ区に開発センター運営のコントロールHRTベトナムを設立していた。センターでは、日本や東南アジアで運営するSaaS(サービス型ソフトウエア)を開発。今年は30人体制とする。

ベトナム法人の事業内容は、システム開発とテスティング、人材採用メディアの運営。同グループは、外国人ITエンジニアのマッチングサイト「yoiwork」などを手掛けている。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

移動制限、タクシーや配車も 工場は稼働維持も増える在宅勤務(04/03)

新型コロナ、感染者は227人に(04/03)

陸海空の旅客輸送制限、国内移動も困難に(04/03)

5G商用サービス提供、郵政省が5社承認(04/03)

現代自生産のTCが工場停止、15日まで(04/03)

3月PMIは低下、下落幅は東南アで最小(04/03)

グラブ、15日間の四輪サービス停止を発表(04/03)

物流の丸運、北部ハナム省に営業所を開設(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン