• 印刷する

《日系進出》眼鏡市場、台北に海外1号店

メガネトップは20日、眼鏡販売店「眼鏡市場」の海外1号店を台北市に開設した。年内は店舗数を15~20店に増やす計画だ=台北(同社提供)

メガネトップは20日、眼鏡販売店「眼鏡市場」の海外1号店を台北市に開設した。年内は店舗数を15~20店に増やす計画だ=台北(同社提供)

日本のメガネ販売大手、メガネトップ(静岡県静岡市)は20日、眼鏡販売店「眼鏡市場」の海外1号店を台北市に開設したと発表した。日本の品質、サービスを武器に事業拡大を目指す。

信義区の百貨店「統一時代百貨台北店」に出店した。店舗で扱う商品の8割以上は日本製となる。

今年は台湾の店舗数を15~20店、5年以内には80~100店にそれぞれ増やす計画だ。3月27日には「遠東SOGO(遠東そごう)」の台北忠孝館と新竹店でも開業する見通し。


関連国・地域: 台湾日本
関連業種: その他製造小売り・卸売りサービス

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:チェ・ゲバラは医学生時…(04/07)

上場企業純益、19年は2兆元 前年比11%減も過去3番目の多さ(04/07)

鴻海が生産ラインの人員削減へ、リスク低減(04/07)

HTCの3月売上高、過去2番目の低水準(04/07)

19年の半導体材料市場、台湾が首位維持(04/07)

PCB企業の受注急増、2Qに業況好転か(04/07)

台聚の原材料貯蔵用タンク、高雄洲際に建設(04/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン