空港高速鉄道、着工は来年1月の見通し

タイ国鉄(SRT)のウォラウット総裁代行は、首都バンコク近郊などの3空港を結ぶ高速鉄道の建設用地1回目の大手財閥チャロン・ポカパン(CP)グループが主導するコンソーシアムへの明け渡しが来年1月になるとの見通しを示した。CPはそれが完了次第、着工する見込み。18日…

関連国・地域: タイ
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:土曜日にデビットカード…(10/06)

訪日タイ人の本格回復に期待 個人旅行解禁、円安も追い風(10/06)

タイへのビザなし渡航、滞在期間45日に延長(10/06)

【シリーズ小国経済】不況のラオスを行く 新鉄道と中国マネー(10/06)

ドンムアン有料道路、阪神高速と合弁へ覚書(10/06)

チャイワタナ、北部に固形燃料工場設置へ(10/06)

iPhone14は日本が最安、世界37の国・地域で(10/06)

PTT、来年の原油価格85~95米ドルと予測(10/06)

日立建機、安定稼働へ遠隔サポート施設開所(10/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン