デアリーの19年決算、純利益は1割減

香港に本拠を置くコングロマリット(複合企業)、ジャーディン・グループ系の小売・食品大手デアリー・ファーム・インターナショナル・ホールディングスが5日発表した2019年12月期本決算は、純利益が前年比10.4%減の3億2,100万米ドル(約339億9,000万円)だった。香港政府や警察…

関連国・地域: 中国香港タイ米国
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

クラウドファンド運営社、新たな資金調達(05/22)

中国、香港に直轄治安機関 全人代、国家安全法制定へ(05/25)

国家安全法抗議デモに数千人、160人以上逮捕(05/25)

香港安全法を各国非難、「一国二制度」危機(05/25)

香港米国商会、国家安全法の詳細公表求める(05/25)

株価5%以上急落、資金流出懸念も浮上(05/25)

天安門追悼集会、SNS活用し動画配信も(05/25)

ビジネス地区の魅力度ランク、中環は13位に(05/25)

従業員の2割がコロナ解雇憂慮、調査で判明(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン