• 印刷する

韓国など3カ国からの入国を制限、8日から

ルトノ外相(左)は韓国など3カ国の特定地域に過去14日以内に滞在歴のある外国人に対し、インドネシアへの入国(トランジットを含む)を禁止すると発表した(外務省提供)

ルトノ外相(左)は韓国など3カ国の特定地域に過去14日以内に滞在歴のある外国人に対し、インドネシアへの入国(トランジットを含む)を禁止すると発表した(外務省提供)

インドネシア外務省は5日、新型コロナウイルスの感染が拡大している韓国とイタリア、イランの3カ国について、国内の特定地域に過去14日以内に滞在歴のある外国人の入国(トランジットを含む)を禁止する方針を発表した。8日から適用する。現在、感染者数が5位の日本は規制対象に含まれなかった。

同日記者会見したルトノ外相は、世界保健機関(WHO)の報告で、中国以外にこれら3カ国で新型コロナウイルスの感染者数が急速に増えているためと説明した。

入国禁止の対象となる特定地域は、韓国が大邱(テグ)と慶尚北道、イタリアがロンバルディア州、ベネト州、エミリア・ロマーニャ州、マルケ州、ピエモンテ州、イランがテヘラン州、コム州、ギラン州。

3カ国からの入国者のうち、特定地域以外に滞在していた外国人に対しては、各国の保健当局が発行する健康証明書の提出を義務付ける。インドネシア入国時には、保健省が発行する「健康カード」に記入、提出することが求められる。

これら3カ国から入国したインドネシア国民に対しては、到着空港の検疫所で健康検査を行う方針も明らかにした。


関連国・地域: 韓国インドネシア中東欧州
関連業種: 医療・医薬品観光マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:小田実の旅行記『何でも…(09/23)

【アジア本NOW】『希望の一滴 中村哲、アフガン最期の言葉』(09/23)

NTT、3カ所目を近く稼働 データセンターの開設相次ぐ(09/23)

来年の祝祭日、レバランは5月2~3日に(09/23)

アジア21年成長率引き下げ、7.1%予想(09/23)

感染リスクのレッドゾーン、全国で0地域に(09/23)

自動車生産台数、8月は前月比35%増加(09/23)

ホテル大手、24年までに世界10都市で開業(09/23)

エネ鉱省、EV充電インフラ参入後押し(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン