【肖像】細胞自動培養で肺炎治療に光 博訊生物科技の秘心吾博士

新型コロナウイルス感染症をはじめとする肺炎の重症例に、肺の繊維化というものがある。間葉系幹細胞(MSC)を用いた再生医療なら回復が可能とされているが、実用化には生産コストの高さが課題となっている。バイオ企業の博訊生物科技の総経理を務める秘心吾博士はそんな現状を…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 医療・医薬品化学


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:生活しやすい台湾だが、…(10/18)

老朽ビルの安全問題が浮上 高雄の火災で、政府は管理強化へ(10/18)

17日の域内感染者、2日ぶりゼロ(10/18)

コロナ警戒第2級延長、マスク規制を緩和(10/18)

鴻海、虎躍工場にクラウドデータセンター(10/18)

半導体支援で基金創設検討、TSMC工場念頭(10/18)

エイサー董事長、「供給不足は22年上期も」(10/18)

友達董事長、コスト増による製品値上がり予測(10/18)

NEC傘下、聯発科技とライセンス契約(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン