【月次リポート】香港(2月)

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、香港政府は相次いで対策を打ち出した。感染源となった中国本土との出入境検問所閉鎖を求める声が市民らから強まる中、複数の検問所の閉鎖に踏み切ったほか、本土からの入境者への強制検疫などを始めた。 域内の公立病院を管轄する医院管理局…

関連国・地域: 中国香港マカオ日本
関連業種: 医療・医薬品運輸小売り・卸売り観光メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

入国者の隔離義務7日間に、変異株対策(15:30)

テイクオフ:中国本土との隔離なし往…(11/29)

オミクロン株封じへ厳戒 流入症例2人確認、検疫強化(11/29)

本土往来問題は「作業段階」に、第2回会議(11/29)

ワクチン車を導入、高齢者らに出張接種(11/29)

週末3日で10人感染、域内ゼロ=計1万2427人(11/29)

隔離駐在員に手当、モルガンスタンレーも(11/29)

厳しい検疫、金融センターと両立可能=当局(11/29)

急反落、ハンセン指数は2.7%安=香港株式(11/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン