新型肺炎で家電に品薄の恐れ 部品供給が減少、3月販売に影響

新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)の感染拡大が、インドの家電販売に影響を及ぼす恐れが出てきた。中国からの部品供給が減少しているため、店頭では来月からテレビやエアコンの一部モデルが品薄の状態になる。メーカー各社は中国に代わる供給元を模索しており、新たな…

関連国・地域: 中国インド日本
関連業種: 電機医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新型コロナウイルスの感…(04/07)

8割の日系事業に支障 全土封鎖、資金繰りに厳しさ(04/07)

封鎖解除後の経済活動、まずは製造業が焦点(04/07)

新型コロナ救済策、識者は給付増額など要求(04/07)

3月の失業率は8.74%、前月から悪化(04/07)

JICA、低所得者・零細企業向け融資支援(04/07)

世銀が10億ドルを緊急融資、新型コロナ対策(04/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン