• 印刷する

新型肺炎、世界的流行病になる恐れ=専門家

香港大学公共衛生学院の福田敬二院長は、新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)について、「重症急性呼吸器症候群(SARS)のように自然消滅するとは限らず、人類が通常のインフルエンザと同じように長期間共存しなければならないかもしれない」と述べ、「世界的な流行病(パンデミック)につながる可能性がある」と警鐘を鳴らした。26日付明報が伝えた。

福田氏はかつて世界保健機関(WHO)事務局長補代理を務めた感染症学の世界的権威で、現在は香港政府の新型コロナウイルス感染症対策専門家チームのメンバー。

新型コロナウイルスの特徴として、福田氏は感染力が非常に強く、一部の感染者はせきなどの症状がほとんど出ないというSARSとは異なる性質を挙げ、「発生源となった中国本土で感染の拡大が終息に向かったとしても、香港で警戒を緩めることはできない」と指摘した。既に感染者が確認された中東、アフリカ、アジア各国から再び香港に感染が広がる可能性があるからだという。

実際、韓国では既に小規模な集団感染(クラスター)が発生しており、こうした事例がさらに香港を含む第三国・地域に広がることで「パンデミックになる蓋然(がいぜん)性は相当高い」と主張。感染の拡大を抑止するためには、体内に抗体ができにくく症状が出やすい人や集団を特定し、ワクチン接種をすることが重要だと強調した。


関連国・地域: 中国香港韓国
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

1~3月の失業率6.8% 4期ぶり改善、第4波減退で(04/23)

広東省との通常往来再開へ協議、政府(04/23)

新たに14人感染、域内で2人=計1万1718人(04/23)

アディダス、中環一等地の店舗を閉店(04/23)

輸出商会デザイン受賞作品、限定店で販売(04/23)

新興航空が就航申請、勢力図に変化か(04/23)

空港ラウンジ会社、本土の高速鉄道駅に進出(04/23)

空き家が18年で最多に、ブルームバーグ予測(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン