• 印刷する

システム開発TIS、グラブに1.5億米ドル

システム開発大手TISインテックグループの中核企業TIS(東京都新宿区)は25日、シンガポールの配車サービス大手グラブと資本・業務提携を結んだと発表した。TISはグラブに1億5,000万米ドル(約166億円)を出資する。

TISは金融・決済分野のITシステム構築で豊富な実績を持つことから、こうしたノウハウを活用して電子決済サービス「グラブペイ」などグラブのモバイル・決済プラットフォーム・サービスの利便性向上を後押しする。東南アジアや日本で電子決済のインフラ強化や決済の新技術開発にも共同で取り組む。

TISの広報担当者はNNAに対し、「当社はアジア地域で決済事業に力を入れており、今回の提携で同事業をさらに拡大したい」と説明した。

TISインテックグループは、東南アジアではシンガポール、タイ、ベトナム、ミャンマーに拠点を置き、現地市場や日系企業向けの事業を展開している。

域内ではこれまでに、人工知能(AI)技術の開発を手掛けるシンガポールの新興企業スクリーム(SQREEM)テクノロジーズやベトナムのIT大手ティンバン・テクノロジーズ、インドネシアの上場IT企業アナバティック・テクノロジーズと資本・業務提携を結んでいる。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 自動車・二輪車金融運輸IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

ACRA、年次株主総会開催などの期限延長(17:22)

テナント賃料を一時免除、地場大手2社(17:19)

スーパーNTUC、在庫完備・価格維持を強調(17:18)

中小企業融資枠組み、既に660社余りが活用(15:42)

新規感染66人、計1375人(6日)(00:50)

テイクオフ:「サーキットブレーカー…(04/07)

経済支援策の第3弾を発動 職場閉鎖へ、51億Sドル拠出(04/07)

内国歳入庁、納税期限など延長(04/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン