• 印刷する

テイクオフ:花粉症持ちには厳しい季…

花粉症持ちには厳しい季節の一時帰国だったが、症状が出る前に日本を後にすることができた。戻る機内で新型コロナウイルスの水際対策の検疫票が配られる。これを書こうとして手が止まった。もし花粉症の症状が出ていたら正直に申告すべきか?

発熱があり、過去に感染者と接触した可能性がある日本人がインドネシアへの入国を拒否された。花粉症なら熱はないが、くしゃみや目の充血などで変に怪しまれないか。それを「花粉症」だとインドネシア語で十分に説明できるか。感染者との接触はなくとも「感染者が確認された街にいたから」など現場担当者の拡大解釈であっさりと入国拒否される可能性もあるかもしれない、などと不安が募る。

そう考えると正直に申告できる自信がない。「陽性者が出た場合の業務への支障」を懸念してウイルス検査をしないどこかの政府を笑えなかった。(幸)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

20年の東南アジア成長率1.0%、ADB予測(18:28)

コロナ感染者数予測、6月に10万人超えも(04/03)

新型コロナ流行、防犯意識も 経済悪化で生活一変、モラル低下(04/03)

【BOPビジネス解剖】走り出した政府との電力事業 起業家の挑戦(下)電化100%へ(04/03)

ホンダ、13日から2週間生産を停止(04/03)

ヤマハ現法、今日から工場操業を一時停止(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン