外国投資が過去2年で最大 1月に9億ドル、肺炎に懸念も

ミャンマー投資委員会(MIC)によると、1月の海外直接投資(FDI)認可額は、ティラワ経済特区(SEZ)を除き9億2,568万米ドル(約1,032億円)で、過去2年で単月最高だった2019年11月を上回った。香港や中国企業による電力事業がけん引した。ただ、中国における新型コロ…

関連国・地域: 中国香港タイミャンマーシンガポール日本
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

3月PMIは低下、下落幅は東南アで最小(19:06)

スー・チー氏、FBでコロナ情報の発信開始(16:08)

中国のインフラ整備は停滞 シンクタンク、コロナの影響指摘(04/02)

感染15人、新たに病院勤務の女性=1日正午(04/02)

入国拒否73カ国・地域、全入国者に待機要請(04/02)

コロナ緊急委を新設、国軍と与党の連携強化(04/02)

地域封鎖、必要に応じ実施=スー・チー氏(04/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン