• 印刷する

東京メトロ、HCM市都市鉄道で協力覚書

東京メトロは21日、MAURとHURC1との間で協力覚書を締結した=ホーチミン市(同社提供)

東京メトロは21日、MAURとHURC1との間で協力覚書を締結した=ホーチミン市(同社提供)

東京メトロ(東京都台東区)は21日、ベトナムのホーチミン市で、同市の都市鉄道(メトロ、地下鉄)の管理局および運営会社との間で、友好・協力に関する覚書を締結した。ベトナムのメトロ事業の開業と発展に向けて、技術協力や人財育成で支援する。

覚書は、ホーチミン市都市鉄道管理局(MAUR)および、同1号線運営会社(HURC1)との間で締結した。東京メトロの山村明義社長によれば、今回の締結は、ホーチミン市都市鉄道の開業に向けて必要な技術協力と人財育成による支援を行うもので、より一層の関係強化と信頼構築を図ることができると考える。

東京メトロは、2013年に国際協力機構(JICA)の「ハノイ市都市鉄道整備支援プロジェクト」の受注をきっかけに、17年4月に現地法人「ベトナム東京メトロ」の営業を開始。ホーチミン市では、同年12月のJICAの強化プロジェクトにより、5年間の支援を実施している。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

【業界探訪】越と印を主力生産拠点に 東元電機の邱純枝董事長に聞く(04/10)

ニイヌマ、LEDで街照らす 日越連携で生ごみ処理機も展開(04/10)

新型コロナ、感染者255人に増加(04/10)

HCMメトロ1号線、市民劇場駅の完成間近(04/10)

越の航空業界、今年は厳しく=韓国貿易協会(04/10)

ロンタイン空港、首相が17兆ドン実行指示(04/10)

コーヒーかす繊維でマスク生産、越新興企業(04/10)

ベトナム企業の83%、供給網に問題(04/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン