東急不、初の複合開発を着工 分譲は4割成約、23年引き渡しへ

東急不動産は26日、インドネシアの首都ジャカルタ中心部で進める初の大規模複合開発案件「メガクニンガン・プロジェクト」の着工式を実施した。ジャカルタの住宅市況は好調とは言えないが、分譲マンション「BRANZ(ブランズ)メガクニンガン」は既に4割を成約。2023年1月に…

関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナが経済打撃、貧困率急上昇の懸念(13:15)

一部産業で生産能力が50%低下=産業相(13:00)

テイクオフ:ジャカルタから日本に向…(04/06)

スズキといすゞも工場停止 需要減や感染懸念、新型コロナで(04/06)

2月の生産台数は9%増、2カ月連続で増加(04/06)

外出時は必ずマスク着用を、政府が呼び掛け(04/06)

コロナ感染者数予測、6月に10万人超えも(04/06)

大規模社会的制限の指針、保健相令を公布(04/06)

2020年の成長率予測は3%、ムーディーズ(04/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン