中油と台塑化に逆風、肺炎で業績下振れも

新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)が台湾の石化産業に影響を及ぼしそうだ。台湾中油(CPC)と台塑石化(フォルモサ・ペトロケミカル、台塑化)の台湾石化大手2社では中国の需要低下を受け、業績が下振れする恐れが出てきた。聯合報が伝えた。 新型肺炎のまん延に…

関連国・地域: 中国台湾
関連業種: 化学その他製造天然資源社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

TSMC、3ナノの試験生産を延期へ(17:59)

マスク購入可能枚数、大人を2週間9枚に(17:59)

新型コロナ感染306人、死者5人に(17:59)

テイクオフ:間もなくに迎える4月2…(03/30)

観光業の給与4割負担へ 政府が4月から、14万人対象(03/30)

和碩の19年純益、前年比7割に=4Q好調(03/30)

和碩、桃園市の工場用地・建屋取得(03/30)

鴻海傘下の鴻騰、マスク生産認可取得(03/30)

シャープ戴氏、社長続投へ=後継者選びが難航(03/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン