• 印刷する

新型肺炎の中央企業への影響、2月に表面化

中国国務院(中央政府)国有資産監督管理委員会(国資委)の任洪斌副主任は18日、中央政府が管理する国有企業(中央企業)への新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)の影響は、2月に表面化するとの見方を示した。特に航空会社や観光企業への影響が大きいとみている。

任氏は、1月の影響はコントロール可能としながらも、2月は需要の減退やサプライチェーンの乱れが中央企業の経営にも波及すると説明した。中でも人の移動が制限されたことで、チケット1,300万枚を払い戻した航空会社、観光地やホテルが休業に追い込まれた観光企業の被害が大きいという。観光業では、中国旅遊集団が管理する観光地30カ所、ホテル19軒、観光関連の小売店113軒が休業する事態に陥っている。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 医療・医薬品運輸小売り・卸売り観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

無症状感染者60人増、うち7人は海外から(04/03)

清明節の感染リスクを警戒 墓参り抑制、首都は「隔離」強調(04/03)

中古車と廃車の法規改定、消費促進へ商務省(04/03)

2月の中古車取引、前月比9割減(04/03)

5G商用サービス提供、郵政省が5社承認(04/03)

アフリカ豚熱の流行下火、今年は6件(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン