太陽光発電事業3GW相当、新型肺炎で影響

インドの格付け会社クリシルは、約3ギガワット(GW、1GW=100万キロワット)相当の太陽光発電事業が期日までに商業運転を開始できない可能性があるとの見解を示した。中国の武漢で発生した新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)の拡大で、現地の太陽電池モジュール工…

関連国・地域: 中国インド
関連業種: 電機その他製造電力・ガス・水道社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドは21日間、全土…(03/30)

中銀「バズーカ」に市場期待 3.7兆ルピーの資金供給、支払猶予(03/30)

和碩の19年純益、前年比7割に=4Q好調(03/30)

公営銀10行、予定通り4月から4行に(03/30)

3月前半の預金引出額、過去16カ月で最大(03/30)

外貨準備高、20日時点は4699億ルピー(03/30)

アシックス、健康測定スタートアップに出資(03/30)

貨物専用鉄道など9件、3744億円の円借款(03/30)

車部品業界、新型コロナで対応策(03/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン