• 印刷する

JICA、日越大学の技術協力で署名

国際協力機構(JICA)ベトナム事務所はハノイで18日、ベトナム政府との間で、日越大学の運営強化などに向けた技術協力に関する討議議事録(R/D)に署名した。同大学の設立と継続を目的としたJICA支援「日越大学修士課程設立プロジェクト」(2015年4月~20年3月)の第2フェーズとなる。

「日越大学教育・研究・運営能力向上プロジェクト」は、日越大学において質の高い教育・研究・運営の基盤を確立することで、ベトナム社会および産業界の発展を担う人材輩出への寄与を目指す。日本の大学との協力関係の構築や、人員・教育研究体制の強化、日本とベトナムの産業界との連携強化を図る。実施予定期間は5年。

日越大学は、ベトナム国家大学(VNU)ハノイ校の7番目の傘下大学として16年9月に開校した。現在は、学部開設に先立ち、修士課程プログラムを開講している。

「日越大学教育・研究・運営能力向上プロジェクト」のR/Dに署名するJICAベトナム事務所の小中鉄雄所長(写真中央)とVNUのグエン・ホアン・ハイ副総長(同右)=18日、ハノイ(JICA提供)

「日越大学教育・研究・運営能力向上プロジェクト」のR/Dに署名するJICAベトナム事務所の小中鉄雄所長(写真中央)とVNUのグエン・ホアン・ハイ副総長(同右)=18日、ハノイ(JICA提供)


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

20年の東南アジア成長率1.0%、ADB予測(15:20)

移動制限、タクシーや配車も 工場は稼働維持も増える在宅勤務(04/03)

新型コロナ、感染者は227人に(04/03)

陸海空の旅客輸送制限、国内移動も困難に(04/03)

5G商用サービス提供、郵政省が5社承認(04/03)

現代自生産のTCが工場停止、15日まで(04/03)

3月PMIは低下、下落幅は東南アで最小(04/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン