• 印刷する

豪電力価格20%下落、太陽光発電増加で

オーストラリアのエネルギー市場の管理・運営を担うエネルギー市場オペレーター(AEMO)は、電気のスポット価格が2019年第4四半期(10月~12月)に、前年同期比で約20%下落したと発表した。太陽光発電が石炭火力発電に取って代わり始めていることが、スポット価格の下落の要因だ。地元各紙が伝えた。

昨年9月から発生した山火事や熱波によって、電力卸価格は今年1月に急騰したが、AEMOは20年と21年に購入される電力のスポット価格は13%から17%ほど下落し、消費者への電気料金も下落すると予測している。オーストラリア国立大学の名誉準教授でエネルギーおよび気候変動政策に詳しいヒュー・サドラー氏は、「世帯の電気料金は、今後数年間でわずかながらも着実に下がっていく」と発言した。

オーストラリア・エネルギー規制機関(AER)によると、一般家庭の屋上太陽光発電システムの導入件数は2015年から2018年の間で2倍に増加。太陽光発電システムの平均容量も拡大しており、日中の電力網(グリッド)の電力需要を減らすことに役立っているという。

ただ屋上太陽光発電システムの導入増加は、日中のグリッドの電力需要を急激に減らす結果を招いており、国内で最も太陽光発電が豊富な南オーストラリア州ではグリッドの電力需要が過去最低を記録。その結果グリッドへの投資額が減少し、電気料金の平均価格が国内最高となった。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 電機天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:所得税申告の季節。銀行…(08/07)

豪GDP、2.5%減少見通し モリソン首相「失業率10%の懸念も」(08/07)

VIC都市封鎖、財界は州より連邦頼み(08/07)

コロナ禍を機に政府は規制改革を=業界団体(08/07)

メルボ小売、オンライン販売整備で明暗(08/07)

豪イケア、封鎖で一部家具売上げが450%増(08/07)

VIC州の食品流通大混乱、全国に波及も(08/07)

QLD―NSW州境閉鎖、観光業や鉱業は悲鳴(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン