• 印刷する

テイクオフ:バレンタインデーだった…

バレンタインデーだった14日、帰宅途中に花束を抱えた男性と何人もすれ違った。軽やかな足取りの人、照れくさそうに歩く人。国内経済の減速を背景に、今年は国民の大半がバレンタインの贈り物や外出を自粛するとの調査結果もあったが、街は活気に満ちていた。

しかし、幸せムードいっぱいだったこの日、バンコクで起きた発砲事件で1日の幕が開けた。幸い死傷者はいなかったが、朝から恐ろしいニュースにぞっとした。東北部ナコンラチャシマ県で今月8~9日に陸軍軍曹による乱射・立てこもり事件が起こり、多数の死傷者が出たことは記憶に新しい。

今年に入り、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大、それに伴う経済への打撃、相次ぐ銃犯罪、と暗い話題が続く。争いはやめて愛を育もう――。バレンタインのイルミネーションに照らし出されたメッセージが一段と胸に響いた。(香)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

102人感染・3人死亡、累計2169人(5日)(04/05)

タイ行きの航空機、4~6日に運航禁止(04/04)

89人感染、8日ぶりに100人下回る(4日)(04/04)

東南アが相次ぎコメ輸出規制 コロナで自国分確保、タイは卵も(04/06)

小売・娯楽施設の利用者、52%減=グーグル(04/06)

トヨタ、生産国7割が停止(04/06)

20年の東南アジア成長率1.0%、ADB予測(04/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン