• 印刷する

新型肺炎でリセッション入りも、リー首相

リー首相は「新型肺炎の影響でリセッション(景気後退)入りもありえる」との見解を示した(リー首相の公式フェイスブックより)

リー首相は「新型肺炎の影響でリセッション(景気後退)入りもありえる」との見解を示した(リー首相の公式フェイスブックより)

シンガポールのリー・シェンロン首相は14日、新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)の感染拡大を受けて、国内経済がリセッション(景気後退)入りする恐れがあるとの見解を示した。チャンギ空港を視察中、記者団に語った。

リー首相は、COVID19がシンガポール経済に及ぼす影響について、「甚大で、数四半期は続くだろう」とコメント。重症急性呼吸器症候群(SARS)が発生した2003年よりも深刻な状況だと語った。

また、「域内経済は(SARS発生時と比べて)より緊密化し、中国との関係性も深化している」と述べた上で、「景気後退が発生するかどうか、はっきりとは言えないが、景気後退局面に入る危険性はある」と付け加えた。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:2月初めに冬の京都を訪…(02/19)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(18日正午)(02/19)

新型肺炎対策で40億Sドル 産業界向け、SARSの17倍(02/19)

20年度の予算案、新型肺炎で赤字2倍に(02/19)

累計81人、新たに4人(18日正午)(02/19)

金融最大手DBS、感染2人目(02/19)

金融最大手DBS、新型肺炎の保険を無償提供(02/19)

シンガポール航空、新型肺炎で40都市を減便(02/19)

配車グラブと欧州社、空飛ぶタクシーで提携(02/19)

貿聯国際、星コネクター企業を買収(02/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン