• 印刷する

新型肺炎でリセッション入りも、リー首相

リー首相は「新型肺炎の影響でリセッション(景気後退)入りもありえる」との見解を示した(リー首相の公式フェイスブックより)

リー首相は「新型肺炎の影響でリセッション(景気後退)入りもありえる」との見解を示した(リー首相の公式フェイスブックより)

シンガポールのリー・シェンロン首相は14日、新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)の感染拡大を受けて、国内経済がリセッション(景気後退)入りする恐れがあるとの見解を示した。チャンギ空港を視察中、記者団に語った。

リー首相は、COVID19がシンガポール経済に及ぼす影響について、「甚大で、数四半期は続くだろう」とコメント。重症急性呼吸器症候群(SARS)が発生した2003年よりも深刻な状況だと語った。

また、「域内経済は(SARS発生時と比べて)より緊密化し、中国との関係性も深化している」と述べた上で、「景気後退が発生するかどうか、はっきりとは言えないが、景気後退局面に入る危険性はある」と付け加えた。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:在宅勤務や休校措置、外…(04/06)

職場・学校を1カ月閉鎖 今週から、市中感染抑制へ(04/06)

景気悪化の加速懸念、事業所閉鎖措置で(04/06)

「外出時にマスク着用を」=首相が呼び掛け(04/06)

ホテル隔離措置、東南アジアなども対象に(04/06)

新型コロナの政府情報配信、ツイッターでも(04/06)

外国人寮の対策強化、感染者急増で(04/06)

最多120人感染、計1309人(5日)(04/06)

1日最多75人感染、計1189人(4日)(04/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン