• 印刷する

《安全》香港発の乗客下船、フン・セン首相出迎えも

新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)感染の疑いを巡り、各国で入港を拒否された香港発のクルーズ船「ウエステルダム」の乗客が14日、カンボジア南部のシアヌークビル港で下船を開始した。港では、フン・セン首相が花を持って乗客を出迎えた。クメール・タイムズ(電子版)が伝えた。

日本人5人を含む乗客乗員約2,300人を乗せた船は、13日にシアヌークビル港に到着。カンボジア当局は体調不良を訴えた乗客約20人の検査を実施したが、結果が陰性だったため上陸を認めた。ほかの乗客乗員も健康状態は良好で、数日以内に全員が下船する見通しだ。乗客らはチャーター機で首都プノンペンに移動するなどし、帰国の途に就くとみられる。

出迎えたフン・セン首相は記者団に対し、「いまはウイルスを恐れ、(感染者を)差別する時ではない。みなで連携し、(COVID19と)戦う時だ」とコメント。入港を受け入れたのは人道的に当然の対応との考えを示し、カンボジア国民に対しても乗客を歓迎するよう呼び掛けた。

ウエステルダム号は今月1日に香港を出航し、15日に横浜に到着する予定だったが、日本政府が入港を拒否。フィリピンやタイなども寄港を認めなかった。


関連国・地域: 香港カンボジア日本
関連業種: 医療・医薬品運輸政治

その他記事

すべての文頭を開く

クルーズ下船の邦人帰国、4人とも感染なし(02/19)

太陽光発電5施設が年内稼働、出力160MW(02/19)

中国軍事基地の建設疑惑、否定する報道も(02/19)

19年の工場設立数、51%増の269カ所(02/19)

【新カンボジア法】第12回・新法の制定について 4.建設法(02/19)

後発3カ国の対日輸出8.7%増 19年、堅調な中に新たな課題も(02/18)

EUの優遇措置停止、経済団体が遺憾表明(02/18)

西部の道路整備事業、中国の融資で推進(02/18)

電気料金引き下げ、5千万ドルの補助金交付(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン