中国とマンダレー政府、新型肺炎対策で協力

中国はミャンマー北中部のマンダレー管区政府と協力し、同管区での新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)の感染拡大防止に取り組んでいる。ミャンマー・タイムズ(電子版)が12日伝えた。 中国総領事館の李立バイ(バイ=草かんむりに倍)総領事代理は11日、「マンダレー…

関連国・地域: 中国ミャンマー
関連業種: 医療・医薬品政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

対日衣類輸出の回復に遅れ 8月1割減、春物以降も弱含み(10/02)

新たに946人感染、猛威止まらず=30日夜(10/02)

貨物トラック、タイ国境入国規制が緩和(10/02)

ヤンゴンの病院9カ所、抗原検査を開始(10/02)

ヤンゴンの酒取扱店、4割が廃業の恐れも(10/02)

ヤンゴン郡区間移動許可、申請が10万件超に(10/02)

ヤンゴン、旧式バス廃車で202台の輸入許可(10/02)

政府、国連でラカイン問題への理解求める(10/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン