観光地から中国人が消えた 新型肺炎対策で、懸念は過剰反応

新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)がベトナムで初めて確認されてから、3週間が経過した。政府は、中国との航空便の一時停止など対策に動きだし、観光地からは中国人が消えた。アジア各国への最大の訪問客の不在で、どのような影響が出ているのか。ハノイの観光業関係…

関連国・地域: 中国香港台湾タイベトナムシンガポール日本ASEAN欧州
関連業種: 医療・医薬品観光マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

【グラフでみるASEAN】新車販売(2月) 前年同月比3%減、タイ・インドネシアの低迷響く(10:01)

【中進国の罠】越の輸出、付加価値に課題 地場企業や上流工程の強化が鍵に(04/08)

航空各社が苦肉の人件費削減 東南ア、相次ぎ減給・無給休暇(04/08)

新型コロナ、国内の感染者は245人(04/08)

冷蔵・冷凍倉庫の需要拡大、新型コロナ影響(04/08)

バンフーインベスト、19年は売上高11倍(04/08)

HCM市、7区交差点の渋滞緩和事業を着工(04/08)

ホアファット、3月建設鉄鋼販売が過去最高(04/08)

太陽光発電のFIT新価格決定、今年末まで(04/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン