観光地から中国人が消えた 新型肺炎対策で、懸念は過剰反応

新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)がベトナムで初めて確認されてから、3週間が経過した。政府は、中国との航空便の一時停止など対策に動きだし、観光地からは中国人が消えた。アジア各国への最大の訪問客の不在で、どのような影響が出ているのか。ハノイの観光業関係…

関連国・地域: 中国香港台湾タイベトナムシンガポール日本ASEAN欧州
関連業種: 医療・医薬品観光マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(18日正午)(02/19)

イオン、日本の食卓への挑戦 越産「万能ナマズ」の出世(下)(02/19)

1月の自動車部品輸入額、完成車の3倍(02/19)

国内セメント需要、20年は4~5%増の予測(02/19)

HCMメトロ1号線、設備の設置段階に移行(02/19)

和碩がベトナムに子会社、生産分散へ(02/19)

1月の鉄鋼生産・販売が2桁減少、テト影響(02/19)

1人当たりプラ包装消費量17キロ、WWF(02/19)

米金融大手など、LNG火力発電所に融資へ(02/19)

バンドン経済区、地場企業が観光区を計画(02/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン