• 印刷する

中国の新型肺炎拡大、縫製工場への影響必至

カンボジア労働省は、中国での新型コロナウイルスの感染拡大により、国内の縫製業が深刻な影響を受ける恐れがあるとの見方を示した。中国からの原材料の供給停止などにより、来月以降に工場の閉鎖や従業員の解雇が相次ぐことを懸念している。プノンペン・ポスト(電子版)が10日に伝えた。

労働省の報道官は、コロナウイルスの影響で、中国からの生地供給に支障が出てきていると指摘。既に多くの工場が操業の一時停止などに追い込まれていることから、「来月には工場の閉鎖や従業員の解雇に踏み切る企業が出てくる」との懸念を表明した。

カンボジアの縫製工場は、生地を主に中国から輸入している。旧正月(春節)前には多くの生地を同国から調達していたが、コロナウイルスの発生を機に中国の工場が操業を停止。現時点で再開の見通しが不透明なことから、労働省は国内縫製産業への影響は必至とみているようだ。来月の第2週には国内縫製工場の約5%、同月末には10%で原料不足の状況に陥るという。

一方で同報道官は、欧州連合(EU)が検討を進めている貿易優遇措置の撤廃が、工場の操業に影響するとの見方は否定。「EUの方針が縫製産業に打撃を与えるとの声も出ているが、臆測にすぎない」と強調した。EUは12日に同協定の継続または停止に関する判断を発表する予定だ。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 医療・医薬品繊維マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

タイ国境の検問所、官民が本格稼働を要請(02/27)

EU制裁でも中国に投資継続呼び掛け、首相(02/27)

縫製業の原料調達、政府が通関効率化を支援(02/27)

感染疑いあったクルーズ船、マニラへ(02/27)

南部港にコンテナターミナル建設、日本支援(02/26)

EU経済制裁、不動産市場に影響軽微の見方(02/26)

【ダイヤモンド・オンライン】AirPods危機!新型肺炎でアップルの超ヒット商品が入手困難になる理由(02/26)

首相が内閣改造視野、工業省の改編後に実施(02/26)

タイ損害保険ティパヤ、カンボジア進出へ(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン